TOP お役立ちコラム

新築への住み替えのタイミングって?

お役立ちコラム

新築への住み替えのタイミングって?

結婚・子供の誕生・進学・就職住み替えのタイミングはご家族それぞれですが
賃貸からの住み替えに関しては心配がありませんが、マンションや戸建ての
住み替えの場合は、今所有している物件を売却を先にするか、新しい土地や
建物請負契約を済ませてから売却を考えるか悩ましいところです。

売却・購入活動を同時に進めたいと多くの方が考えると思います。住んでいる家の引渡日と新しい家への入居日がバッチリ調整ができれば、仮住まいなど諸費用が抑えられます。しかし、売買のタイミングを思い描いたとおりにできるケースが稀だと考えた方がいいでしょう。

「自宅が売れたけど、住みたい家が見つからない」「家を買ったけど、自宅が売れない」とタイミングがズレてしまうと住み替えはうまくいきませんので、いざという時に困ることのないよう事前に売却と購入のどちらを優先するか決めておき、それに向けて準備を行っておくことが大切です。

先に売却を行う場合を「売却先行型」、先に購入を行う場合を「購入先行型」等と表現をしています。今回はそれぞれのメリット・デメリットをご案内していきます。

売却先行型のメリット・デメリット

メリット

◎売却金額が決まり、新居の購入資金に充てられる金額が確定するので
 資金計画が立てやすい。

◎売却を急ぐ必要がないため、購入資金に充てる予定の金額で売却できる
 可能性が高い。

デメリット

◎売却した物件の引き渡しの期日までに、購入物件の入居までの
 スケジュールが決まっていない場合は、仮住まいの費用が掛かってしまう

◎仮住まいと住み替えで2回の引っ越しの費用が発生する
 仮住まいに入居する期間によっては、計画していたタイミングでの
 入居ができずに、入学・就職などに間に合わなくなってしまう。

購入先行型のメリット・デメリット

メリット

◎納得がいくまで住み替え先を探して購入することができる

◎仮住まいなど余分な費用の発生がなくなり、引越しがスムーズになる

デメリット

◎まとまった自己資金や借り入れなどの購入資金を用意して
 おかなければならない。

◎売却価格や売却時期が確定できないために、資金計画の再検討を
 余儀なくされるケースがある。

まとめ

どちらの方法がご家族の理想にあっているか、何を優先したいのか等をご家族でしっかり整理してみてください。資金計画が定まらないというリスクを回避し、売却資金を購入費用にあてる予定であれば「売却先行型」がおススメです、また自己資金に余裕があり売却資金をあてにしないのであれば「購入先行型」も検討してもいいのでしょうか。

ご自身の事情や資金面などよく熟考して、住み替え後の無理のない生活計画を立てることが重要です。進め方は相場など考慮する必要もありますから、ご自身でさまざまな事を決断していくというのは難しい部分もあります。

HOUPARKにご出展頂いている工務店・ビルダーには、売買に精通したファイナンシャルプランナーなど在籍していることが多いですので、気軽に相談してみてください。

この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン