TOP お役立ちコラム

規格(企画)住宅(商品化住宅)と注文住宅違い

お役立ちコラム

規格(企画)住宅(商品化住宅)と注文住宅違い

家を建てたいこの思いを抱いたあと、皆さんは大手HMのホームページをめぐってみたり、「注文住宅展示場」で検索してみたり、常設の展示場や街角展示場が近くにないかや「モデルハウス 探す」なんてワードで検索をしていませんか?

テレビやYouTubeなど様々な場面で住宅メーカーのCMや広告を目にする機会がおおくありますがその中で間取りプランとして掲載されているものを目にすることがあります。

規格住宅とは

企画住宅とは、建築会社やハウスメーカーが、自社で建てる住宅のプラン・間取りをあらかじめ用意しておき、顧客側が組み合わせを選んで完成品を販売する住宅のことを指します。

企画住宅は、商品化住宅の中でも、価格帯が比較的高く、建物の品質や設備の充実度などが高い場合があります。

企画住宅は、土地を持っていない人や、住宅にこだわりがない人、資金計画が難しい人などにとって、住宅購入の選択肢の一つとして選ばれることがあります。また、企画住宅は、建築会社が用意したデザインや仕様から選ぶことができるため、住宅に詳しくない人でも住宅を選びやすいというメリットがあります。

規格住宅と注文住宅の違い

規格住宅と注文住宅の違いは、設計や製造方法、価格、カスタマイズの自由度などにあります。

規格住宅は、あらかじめ工場で設計・製造された部材を現場で組み立てる方法で建設されます。

一定の規格に従った住宅であり、カタログやパンフレットなどで提供されています。

規格住宅は、製造ラインにより低コストで提供されることが特徴であり、仕様やデザインは一定の枠内で選択できる程度です。

一方、注文住宅は、建て主の要望に合わせて設計されるため、建築家や設計士との打ち合わせが必要です。

建築現場での建設によって、建築期間やコストは規格住宅よりも長く高くなることが多いです。

しかし、建て主の好みやライフスタイルに合わせたカスタマイズが可能で、オリジナリティあふれる住宅を実現できます。

注文住宅は、建て主の要望により仕様やデザインが自由に決められますが、その分コストが高くなる場合があります。

一方、規格住宅は、一定の規格に基づいた住宅であるため、コストが低く、価格帯が比較的安価なものが多いです。

規格住宅のメリット・デメリット

【メリット】

  • 低コストで提供されるため、比較的安価に住宅を購入することができる。
  • 工場での製造により、建設期間が短く効率的である。
  • 設計・製造が標準化されているため、品質管理がしやすく信頼性が高い。
  • パンフレットやカタログに記載されたデザインや仕様から選ぶことができるため、建築に詳しくない人でも住宅を選びやすい。
  • 省エネ性能や耐震性能を高めた商品化住宅が登場しており、より高い品質を求めることもできる。

【デメリット】

  • デザインや仕様の自由度が低く、オリジナリティが乏しいと感じる人がいる。
  • 施工や仕上げなどの品質には注意が必要であり、安価な規格住宅は品質面で問題がある場合がある。
  • 建設時に変更やカスタマイズをすることができないため、建て主の希望に合わない場合がある。
  • 用地によっては規格住宅が建てられない場合があるため、地域や環境によっては選択肢が限られることがある。

注文住宅のメリット・デメリット

【メリット】

  • 建て主の要望に合わせて設計されるため、自由度が高くオリジナリティあふれる住宅を実現できる。
  • 設計士や建築家との打ち合わせにより、理想的な住宅を実現できる。
  • 建設時に変更やカスタマイズをすることができるため、建て主の希望に合わせた住宅を実現できる。
  • 用地に応じて最適な設計が可能であり、土地の形状や環境に合わせた住宅を実現できる。
  • 長期的な視点で考えると、建物の耐久性やメンテナンス性が高く、将来的に住宅の価値を維持することができる。

【デメリット】

  • 設計や建設にかかる費用が高く、建設期間も長くなるため、費用が掛かることがある。
  • 建築家や設計士との打ち合わせが必要であり、建築に詳しくない人にとっては手間がかかることがある。
  • 自由度が高いため、建築に詳しくない人にとっては、どのような住宅にすべきか迷うことがある。
  • 建て主の要望に合わせて設計されるため、間取りや設計が変更されることがある。そのため、建設期間が予定よりも長引くことがある。
  • 設計の自由度が高いため、建設中に予期しない問題が発生することがある。

まとめ

規格住宅と注文住宅の違い、およびそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介しました。

規格住宅は、事前に用意された規格に沿って建てられる住宅であり、外観や内装、間取りなどの条件を選ぶことができます。

一方、注文住宅は完全にオーダーメイドであり、自分の希望に合わせて建てられる特徴があります。

規格住宅のメリットとしては、コスト面でのメリットが挙げられます。

規格化されたプランや設備が用意されており、大量生産や共通化によってコストを抑えることができます。

また、施工期間が短く、工期管理がしやすいという利点もあります。

さらに、ハウスメーカーや工務店が提供する保証やアフターサービスも安心です。

一方、デメリットとしては、柔軟性が制約されることがあります。

自由な設計や間取りの変更が難しい場合もあります。

また、他の家と似たような外観や内装になる可能性もあるため、個性的な住まいを希望する方には向かないかもしれません。

注文住宅のメリットとしては、完全に自分の希望に合わせた住まいが実現できることが挙げられます。

間取りや設備、外観などを自由に選ぶことができ、個性的な住まいを手に入れることができます。

また、将来の拡張や改築もしやすいという利点もあります。

しかし、注文住宅にはデメリットもあります。

まず、コストが高くなる傾向があります。オーダーメイドであるため、設計や施工に時間や手間がかかり、それに伴って費用も増えることがあります。

また、施工期間も長くなることがあります。

最終的な選択は、自分の予算や希望によって異なるでしょう。規格住宅はコストや工期の面でメリットがあり、手間や費用を抑えたい方におすすめです。

一方、注文住宅は自由度が高く、個性的な住まいを希望する方に向いています。

どちらを選ぶにせよ、自分の希望や条件を明確にして、慎重に検討することが大切です。

ぜひ続けてお読みください

巾木(はばき)ご存じですか?
この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン