TOP お役立ちコラム

子供の進学に合わせて新居を建てる場合

お役立ちコラム

子供の進学に合わせて新居を建てる場合

住み替えのタイミングで多いケースが子供さんの小学校・中学校の入学に合わせて引っ越しをされるです。3月の上旬に多くの学校が卒業式を行いますのでそのあとに新居でお引越し、入学に備えるのが大半のケースではないでしょうか。

3月下旬に引っ越すと、役所などの手続きに追われてあっという間に4月を迎えてしまいますので、遅くとも中旬には引っ越しを完了して、新居での生活をスタートしたいものです。

今回は、新生活のスタートから逆算して考えてみたいと思います。

3月中旬に引渡し、新生活スタート

3月中旬に新生活をスタートするために、今回は3月中旬に引渡しが完了するとのゴールをまず設定します。

住宅の着工はいつ頃が目安になるのでしょうか??

今回は在来木軸工法の木造2階建て、30坪前後の場合で考えてみましょう。

この場合の一般的な家の工事の期間は4ヶ月前後といわれています。

着工の目安は余裕をもって10月中旬から11月初旬には着工しておきたいですね。この時期は秋雨の時期です。基礎工事に雨は大きな影響があるのでなるべく余裕をもっておきたいものです。

家が3階建、建坪が40坪を超えなど、様々条件で期間の長さは当然変化してきます。工務店の標準工期によっても影響があったりします。丁寧な大工仕事がウリの工務店なら工事期間が半年が標準というケースも当然あります。半年が標準ならば8月の一番熱い時期に着工しておかないと3月の入居に間に合わなくなってしまいます。

その一方で、以前ご紹介したプレハブ住宅など工場で部材をつくって現場で組み立てていく住宅建築の場合には工事期間は短くなります。

その他に、土地の形状によっても工事期間が左右されるので、高低差があったり、普通とはちょっと違う土地の場合は、3月中旬に引越し時期を決め打ちする場合には細心の注意が必要です。

プラン決定はどのくらいかかるの?

一生に一度のマイホーム建設ですから、やりたいことがたくさんあるはず、Instagramなどには#マイホーム記録や#マイホームアカウントなんて検索をすると素敵なマイホームの実例や後悔ポイント、間取りのアドバイスなど様々情報があふれています。

多くの場合、施工をお願いする工務店・ビルダーの設計士さんが、皆さんの土地に合わせて参考プランを作ってくれるはずです。参考プランを作るときに、設計士さんたちはその土地の法規制などバッチリ確認してからプランを入れてくれますので、そのプランで大方自分の土地にどの程度の建物を建てることができるのかが把握できます。そこから、ご家族の理想の間取りに近づけていく作業が始まっていくのです。

土地の使い方も、自転車は何台置く想定になるの?車の大きさは、当然軽自動車とファミリーカーでは必要になるスペースも変わるはずなので、プランを作ってもらう前に事前に伝えておくといいですね。そうしておけば後から自転車置けないぞってなりません。

参考プランから間取りを決めから、各部屋の設備の仕様を決定していくながれで進んでいきますが、住宅設備に関しては、工務店・ビルダーによって取り扱えるメーカーは限られています。工務店・ビルダーさんを決める際の参考にしておいてください。建築を請負ってもらう工務店・ビルダーさんの標準仕様・オプション仕様から一つづつを選んでいくのですが、工務店・ビルダー仕様に関してはこだわり始めたら際限がありません。

標準的なプラン完成までの期間はおおよそ3か月から4か月くらいの期間が標準となっています。5月ぐらいから始めるのがいいのででしょう。

この時点で5月ですので、入居の3月から逆算しておおよそ1年です。

工務店・ビルダーさんを決める

工務店・ビルダーといっても、皆さんが普段テレビCMでよく見るような大手ハウスメーカーから、地域に根付いて口コミで広がっているような工務店・ビルダーさんまでその総数は全国でおおよ8万社前後あるといわれています。

その中から1社を選ぶわけですから、縁が大切です。ご家族で家に求めるものをしっかり話し合う必要です。高気密・高断熱の住宅性能が高い家にするのか、デザイン性の高い家にするのかなどで工務店・ビルダーが少しづつ絞り込まれていきます。その作業の中で、常設の展示場に行ってみるのも一つの手段ですね。コロナ禍で展示場になかなか足を向けることがむずしくなっていますが、こんな時に、WEB上に展示場があればうれしいですね。

HOUPARKはそんな皆さんの声を形にさせていただいています。まだまだご覧いただける棟数は少ないのですが、地域に密着した工務店・ビルダーさんのモデルハウスを360度ご覧いただくことができますので、ご体感ください。

工務店・ビルダーさんを決める期間に関しては、早い人は1か月ながいひとですと半年ぐらいが標準のようです。多くの場合工務店・ビルダーさんを決めるのと並行して土地探し行い信頼関係を築きながら決めていって下さい。

まとめ

3月中旬に新生活をスタートするをゴールに設定して、家づくりのを考えてきました。家づくりは工事期間や打合せ、工務店探しなど、時間が月単位でかかる物が多いので、1年はあっという間に過ぎてしまいます。

今回考えてみたケースは、どの人にも完全に当てはまる訳ではありませんが、家づくりにはある程度の時間が掛かること、またどのような流れになるかを頭に入れておくと、あとで予定に全然間に合わないという事態を防ぐこともできます。注文住宅を建てたいなと検討する時に参考にしていただけると幸いです。

注文住宅のバーチャル展示場HOUPARKはこちらから

https://houpark.co.jp/

公式Facebook

https://www.facebook.com/vrhoupark/

公式Instagram

https://www.instagram.com/vr_houpark/

ぜひ続けてお読みください

太陽光発電設備検討していますか?
この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン