TOP お役立ちコラム

オープンキッチンの種類やメリット・デメリット

お役立ちコラム

オープンキッチンの種類やメリット・デメリット

注文住宅が欲しいと思った時に多くの方が憧れる「オープンキッチン」ですがLDKをオシャレで快適な空間にしてくれます。

何よりお気に入りのキッチンでつくる料理はとってもおいしくなりますし、お子さんと並んでお料理したりと夢が広がりますよね。

種類・選び方のコツ・メリットデメリットなどをご紹介したいと思います。

オープンキッチンの種類

オープンキッチンには【アイランド型】と【ペニンシュラ型】

①アイランド型

アイランド=島

アイランド型のオープンキッチンは壁から離れており、独立した形状になっている型を言います。アイランド型の特徴はキッチンを囲んでみんなで料理をすることができます。ホームパーティーをする際もとっても素敵になりますね。

ただ、壁から独立しているのでお片付けが大変な一面もあります。

②ペニンシュラ型

ペニンシュラ=半島

これって面白いですよね。紀伊半島みたいな感じで壁からキッチンが伸びている形状になっていて接している壁側を有効利用できることができることが特徴ですね。キッチンを半独立と考えるとおススメです。多くの注文住宅に採用されているのはこの型でしょうか

オープンキッチンの選び方のコツ

オープンキッチンを選ぶ際のコツですがこれはズバリ

「収納スペース」「通路スペース」を確保することです。

アイランド型、ペニンシュラ型も壁や仕切りがないためにキッチンにあるものが丸見えになりますよね。整理整頓が大切なので「収納スペース」が必要になります。吊戸棚やカップボードなどを上手に活用して収納をすることが大切になりますがスペースが多い方がいいと考えがちですが広いスペースを作ってしまうとせっかくのオープンキッチンにしているメリットが薄れてしまいますし、人はスペースがあると物が増えてしまうのでプラン作りが大切です。

収納はあまり高くしすぎないこともポイントになります。

次に「通路スペース」です。人が行き来できる距離や備え付けの食洗器を開けたときに人が通れるかなども考える必要がありますね。

オープンキッチンのメリット

オープンキッチンのメリットに関してですが

①開放感

②コミュニケーション

③利便性

この3つと考えられます。

まずは開放感ですがキッチンの壁の前にありませんので開放感がとてもあります。料理をしながらリビングにいる家族の姿を見ながらお料理ができるのもメリットですね。最近はリビング学習のお子さんも増えているので見守れる大きなメリットがあります。壁がないので食事後の後のお片付けの面でもめりっとがありますね。

オープンキッチンのデメリット

メリットがあればデメリットもあります

①収納スペース

②油跳ね

③リビングダイニングからの視線

まずは前述しましたが収納スペースです。壁がないのでその分収納スペースの計画が必要なのでどのくらいのキッチン用品があってどのくらいの食器があるのかなど把握して計画が必要です。オイルガードがあっても油や水がダイニングの方にはねてしまうことがあることはデメリットですね。

最後はメリットの裏返しですが、リビングダイニングからの視線が届くことです。キッチンは城ということがありますが、オープンキッチンでは当てはまりにくくなるかもしれません。

まとめ

オープンキッチンは注文住宅建てたいを思う皆さんにとってあこがれから現実にしてもらいたい住宅設備です。

生活家族にとって何がベストなのかを踏まえ、どんなタイプを採用するのか検討していただければと思います。

ぜひ続けてお読みください

断熱材を知ろう!【ウッドファイバー】編
この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン