TOP お役立ちコラム

プラスチック資源循環促進法っていつから?

お役立ちコラム

プラスチック資源循環促進法っていつから?

スーパーやコンビニで無料でもらっていたレジ袋が有料化されてからずいぶんたち、エコバックを使うことが当たり前になってきましたが、プラスチック資源循環促進法が今年4月から施行せれることしっていますか??私たちの生活にも影響が出てくる法律なのでご紹介していきます。

プラスチック資源循環促進法

2021年3月9日に閣議決定となり、2021年6月4日に参院本議会で全会一致し、可決されました。そして、2022年4月から施行開始されます。

プラスチック製品全般を対象に、プラスチックごみの削減やリサイクルを強化しようと制定されました。 国を挙げて、プラスチックを使った製品の設計から廃棄物処理まで、ライフサイクルにおける3R(リデュース・リユース・リサイクル)+Renewable(再生可能)を促進しようとする法律です。

プラスチック廃棄物を年間250トン以上排出する事業者に対し、どれくらいの量を減らすのか、再利用についての取り組みを目標として制定するように義務付ける。また、削減対象となる12品目の特定プラスチック製品を年間5トン以上扱う事業者(コンビニやホテルなど)に対し、削減に向けた目標の制定と対策を講じることが義務付けられます。

この12品目が生活の身近にあるのです。

対象12品目とはなに?

対象となる12品目は、コンビニ等で使われる
1. フォーク
2. スプーン
3. ナイフ
4. マドラー
5. ストロー

スターバックスがプラスチック製のストローを紙製にしたことも、この法律に先駆けた環境への配慮と対策だったのかもしれません。ファミリーレストンなども続々と紙ストローを導入していますし、今後は紙ストローが当たり前になっていきます。さらに注目すべきは、フォークやスプーンです!!コンビニやスーパーで無料でもらっている、フォークやスプーンはプラスチック製ですし、箸の包装もプラスチック製です。有料になっていくことが予測されますね。マイ箸を持ち歩いている人が増えてきていますが、マイフォーク・マイスプーンも広がっていくのでしょうか?大手コンビニエンスストアでカップラーメン2つでマイ箸やスプーンフォークのセットプレゼントなどの企画が行われていたのも、この法律へのメーカー側の布石だったのでしょうか?

ホテル等で使われる
6. 歯ブラシ
7. シャワーキャップ
8. くし
9. ヘアブラシ
10. カミソリ

こちらも影響が出ますよね。ホテルのノベルティーは楽しみの一つでもあったりしますが、大きな影響がでてきますね。旅行へ行く際、出張へ行く際の荷物が増えて少々困ってしまいます。

その他
11. ハンガー
12. 衣類カバー
です。

こちらは、クリーニングでの大きな影響が出そうです。クリーニング料金にハンガー代が転嫁されるのでしょうが、ゴミ出しのルールが変わってプラスチック類のごみの分別も大きく変わっていきそうです。

私たちが暮らす環境を守るための法律ですので、レジ袋有料化の時のように順応してくしかないようです。今回は生活に身近な法律をご紹介しました。

ぜひ続けてお読みください

失敗しない土地選び第2回
この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン