TOP お役立ちコラム

22年4月1日改正成人年齢18歳開始で住宅ローンは組めるのか?

お役立ちコラム

22年4月1日改正成人年齢18歳開始で住宅ローンは組めるのか?

2022年4月1日から成人年齢が20歳から18歳に改正されます。

この改正に伴い、これまでは親の承諾が必要だった「携帯電話の契約」「クレジットカードの作成」などが親の承諾なしで可能になります。つまり高校3年生がクレジットカードを自分の名義で作って、利用が可能になるわけです。

ここで、ふと疑問に感じたことがあったので調査してみました。

その疑問とは「住宅ローン」組めるの??

まずはクレジットカードの作成にかんして調べてみました。原則高校生のカード作成に関しては受け付けないとするカード会社もあれば、審査が通過すれば作成ができる会社もあり、その対応は分かれているのが現状のようです。クレジットカードにはキャッシング機能(借入)機能がついているカードも多いですよね。

現時点でこの貸付に関しても対応は様々です。

18歳の時点でアルバイトなどで自分自身でお金を稼いだ経験がない人も多く存在すると思います。

クレジットカードを作る際に親が作ってくれていた銀行口座を口座振替用に登録をするのでしょうから、ある程度預け入れがあるはずですよね。口座にある程度残高があり、カードが作れた。キャッシングもできるとなった時に子供を持つ親としては心配です。

住宅ローンに関して調べるにあたって、貸付(貸金業界)の日本貸金業協会のホームページに何かこの件で記載がないか調べに行ってみました。

日本貸金業協会には「成年年齢引下げを踏まえた対応について」とのページで自主ガイドラインを定めていることが明記されていました。


成年年齢引下げを踏まえた対応について | 日本貸金業協会 (j-fsa.or.jp)


このガイドラインを見る限りでは、無理な貸し付けはされないのではと感じます。

住宅ローンに関しては、金融機関(銀行)で組みますので、一般社団法人全国銀行協会のホームページで成人年齢改正に関する記載がないか確認に行きました。

すると「成年年齢引下げを踏まえた銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせについて」というページに対応が記載されていました。

具体的な申し合わせは、下記URLで確認できます。

https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/news/news340217.pdf

銀行協会しても18歳の若者が多額の借金を背負わないようにとの申し合わせをしていることがわかります。ただ、住宅ローンに関しては、使用目的が明確な為でしょうか大手メガバンクは取扱いする方向性を示しています。

近年では若年での起業家などもいますから、18歳での住宅ローンも想定しているのですね。自分自身の18歳を振り返ると、不安がぬぐえません。

工務店・ビルダー側から考えると18歳のお施主様が誕生する日も近いかもしれません。

HOUPARKは注文住宅のバーチャル展示場として24時間、いつでも、どこでもご自身のパソコン・スマホからオンラインで理想の家探しができる、注文住宅展示場です。

ぜひ、ハウパークで「ご体感」ください。皆様のお越しをお待ちしています。

注文住宅のバーチャル展示場HOUPARKはこちらから

https://houpark.co.jp/

公式Facebook

https://www.facebook.com/vrhoupark/

公式Instagram

https://www.instagram.com/vr_houpark/

ぜひ続けてお読みください

断熱材を知ろう!【グラスウール】②
この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン