TOP お役立ちコラム

住宅ローンで聞く「団体信用生命保険」って何?

お役立ちコラム

住宅ローンで聞く「団体信用生命保険」って何?

住宅購入の際に加入する「団体信用生命保険」住宅ローン組むことがないと生涯目にすることもないかもしれません。金融機関で住宅ローンを組む際には、この団体信用生命保険=団信に加入しないと住宅ローンを組むことができません。

団体信用生命保険(団信)って?

住宅ローン契約者(債務者)が死亡または所定の高度障害状態になったとき、生命保険会社が債務残高相当分の保険金を保険金受取人である銀行等(債権者)に支払い、銀行等はその保険金を債務の返済に充当します。死亡保障、高度障害保障に加えて、がんによる所定の状態や3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)による所定の状態を保障するなど様々なタイプが用意されています。

ポイント
特約なしの団信では、3大疾病や、病気・ケガなどは保障ない
特約は住宅ローンお借入れのタイミングでしか加入できない

団体信用生命保険の契約者は銀行(金融機関)となりますので保険料は銀行が支払い、ローン契約者の負担は0円です。

住宅ローンの利用者が、団信に加入していない場合、万が一のことが起こったら、残された家族は住宅ローンの残債に追われて暮らさなければならなくなります。万一の際も安心して家族が住み続けるための保険と考えましょう。

特約付き団体信用生命保険について

三大疾病特約などの団信は住宅ローンの借り入れのタイミングでした加入ができないのですが、三大疾病と診断された際に保険金が下りるわけですから、健康告知など様々な条件が設定されます。さらに住宅ローンに特約の分金利が上乗せされることを忘れてはいけません。健康に不安がない、大丈夫、金利の上乗せ分も心配ないなど検討はしっかり行うことをおススメします。

 もちろん特約なしの団信に加入することも可能です。ただし、契約者に万が一のことが起こってしまい、保険金の支払対象とならなかった際には、残された家族に住宅ローンの残債の返済義務が発生することは忘れてはいけません。

生命保険との違い

生命保険にも死亡保険金が受け取れる保険などがありますよ。生命保険は契約者(非保険者)が指定する保険金の受取人は家族や法定相続人など契約者が設定できるのに対して、住宅ローン借り入れの際に加入する団信に関しては、住宅ローン利用者(債務者)に万が一のことが起こった際の保険金受取人は銀行などの金融機関(債権者)となることです。団信によって支払われる保険金によって、住宅ローンの残債の返済に充てますので、残された家族に支払い義務が発生することはありません。

まとめ

万が一のさいに残された家族を守る保険です。住宅ローン加入の際にしっかり検討して加入を検討しましょう。

この記事をシェアする
  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • LINEアイコン